REBIS

REBIS is the pen-name for an illustrator serving as the founder and primary for the アルセノテリス circle in Japan.

The reason behind REBIS as a pioneer is simple, his androgynous futanari girls are somewhat more relatable to other viewers. Arsenothelus also is a circle in high standing in the Japanese doujinshi community, and many imitate the muscular characters illustrated. REBIS DUNGEON has been in operation a very long time, and since it's inception there have been futanari images displayed.

As part of TGWOA (The Great Works of Alchemy) a very memorable original character was created, the Princess of the Pururina Kingdom (of whom shia's Princess Pippa draws major influence).

Social Media: pixiv, Twitter, tumblr.

ふたなり迷宮王女 ~プリナと淫魔の迷宮~

アルセノテリスの代表作「迷宮王女シリーズ」の序盤が、ついに商業単行本化!

『ふたなり迷宮王女』は、ふたなり王女プリナの淫らな冒険を描く、オリジナルファンタジーの漫画単行本です!

童顔巨乳のフタナリお姫様・プリナを襲う、エロすぎる試練の数々。待ち受ける運命は、連続射精・大量中出し、そして…!?

ハーフエルフメイドのユーニアに、豊満ボディのふたなりママ女王・プリディス、そして触手を操る妹姫・プリルード――周囲のキャラも淫らな運命に翻弄され、痴態をさらしていきます。

迷宮で陵辱を盛り上げるのは、数々の人外娘たち。サキュバスにブラックオーク娘、蛇体多腕の大淫魔……ファンタジーならではのハードな責めも見逃せません!

王族もメイドも淫魔も、全員がふたなりでお送りする、極エロの一冊。ふたなり娘の快楽渦巻くダンジョンをお楽しみください!

ISBN: 9784799001509

二人の迷宮王女 -ふたなり母姉妹の溺愛ハーレム-

行方不明の母・女王プリディスを捜し、迷宮探検を続けていたフタナリ王女・プリナ。
ようやく母と再会したプリナの前に、新たなる迷宮王女・触手淫魔姫のプリルードが立ちはだかる!
プリナの‘妹’を名乗り、実の母を触手責めに抱いて見せるプリルード。
プリるーどによって操られた触手が、そしてブラックオークの黒い剛根が、女王の淫らな本性を暴き――魔の手はプリナにも迫っていく。
王家の母娘を犯しつつ、プリルードが語る彼女の目的とは……!?

ISBN: 9784796409476

ふたなり: 私達はあなたのペンネームがRebisで、アルセノテリスの代表だということを知っていますが、他に何かあなたのことを教えてくれますか?

アルセノテリス: すでに作品から見て取れるかも知れませんが、重度のTRPG&メタルフィギュア愛好者です。数え切れないほどのルールブックと、一万体を超えて総数不明のメタルフィギュアに囲まれて暮らしています。

futanari: REBIS DUNGEONがウェブページとして活動を始めてから、どれくらいになりますか?

Rebis: サイトは1998年9月12日開設なので、7年と半年ほど運営していることになります。

futanari: あなたは、何がふたなりキャラを定義づけると信じていますか?

Rebis: 私は彼女たちが「ペニスのある女性」ではなく、精神的に肉体的に両性具有であることを目指しています。もちろんそれぞれのキャラクターが、より女性的であったり男性的であったりすることもあります。シーメールや性転換者とは、区別されるべきだと考えています。

futanari: あなたが賞賛する他のふたなり作家を挙げて下さい。

Rebis: 常にたくさんのふたなりアーティストの作品を拝見しているので、特定のお名前を挙げるのは難しいです。

futanari: どんなアーティスト達があなたに影響を与えましたか?(ふたなりでないものや、エロでないものを含めて)

Rebis: ここ最近ですと、T.K-1さんやMCDさんとUMAさんが描かれる、細くて筋肉質な少女達に多大な影響を受けました。ふたなり以外のエロですと、和六里ハルさんの諸作品に沢山のインスピレーションをいただきました。エロ以外では、少年ジャンプの各漫画に目を通して勉強するようにしています。

futanari: 新たなふたなりアーティストの中で、あなたが昨年最高だと思った方を教えて下さい。私達の投票では工員Nさんが優勝しましたが、あなたが誰に投票するかを知りたいのです。

Rebis: 去年から活発に活動なさったという意味で、沈没さんを推させていただきます。

futanari: あなたのキャラクターに関するプロフィールはインターネット上であまり見られませんが、「プルリナ王国」に関する背景設定を教えてくれますか? 例えばプリナの母は誰で、彼女はなぜ王女なのでしょう?

Rebis: Rebisが創作するファンタジー作品は、全てオリジナルの多元宇宙を舞台にしています。「プルリナ王国」は、その中でもとりわけ両性具有者が多く住み、両性具有の神々に祝福された次元に存在しています。王国はその世界の中心近くに位置し、プルリナ王家は女神の血を引く最も高貴な王家とされています。プリナの母は女王「プリディス」です。女王の娘なので、プリナはプリンセスですね。

futanari: “プリナが探索する迷宮と、REBIS DUNGEONとの関係とは?そしてプリナが守護者に数えられる運命とは、果たして……?” という記述が、あなたのサイトにありましたね。これは、『迷宮王女プリナ』の舞台がREBIS DUNGEONであることを暗示しているのでしょうか?

Rebis: 今のところ、プリナが探索する迷宮が「REBIS DUNGEON」であるという証拠はありません。しかし、彼女は初めサイトの「守護者」キャラとして登場しました。ですから、その運命は「REBIS DUNGEON」と関係あるはずなのです…… (守護者とは、サイト初期で各コンテンツを担当していた象徴的キャラクター達です)

futanari: もしチャンスがあれば、一点モノの作品の依頼を受けますか? Commissions are profit for an original artwork. These are common among American artists.

Rebis: いいえ。私はできるだけ多くの読者に自分の作品を届けたいと思っています。その点で、一点モノの依頼を受けるのはあまり良い方法ではありません。

futanari: このインタビューを締めくくる引用を挙げて下さい。

Rebis: “Fantasy, abandoned by reason, produces impossible monsters; united with it, she is the mother of the arts and the origin of marvels.” (Goya)

Citation
“an interview with REBIS (日本語).” ふたなりっ娘! 4 April 2006. Web. 8 Dec. 2016. <http://futanari.org/interview/an-interview-with-rebis-japanese-answers/>.